幸せという感情が分からないならメンタル系の医療機関を訪れよう

不幸からの脱却

ハートと聴診器

幸せ者であるイメージ

虚無感や無力感などを生むできごとがあり、幸せを感じにくくなる境界性パーソナリティ障害という病気もあります。幸せを感じない病気は、裏を返してみれば「不幸」を感じていることになります。医療機関においては、幸せを感じない病気である、そうした診断を告げるワケにはいきません。未病、あるいは精神面の症状の1つに当てはまる病気と関連付けることが大半です。ですが、幸せと不幸の違いがあるとすれば、どれくらい頻繁に感じているのか、その感情は苦しいものなのかという内容です。常に被害者、そうした意識に該当する精神疾患もあり、不公平だという態度を取るのが特徴です。他には、幸せそうな人に嫉妬する精神疾患もあります。自分にないものを持っている、何に対しても関しても満足できないので、怒りあるいは妬みを抱えているのが特徴になります。こうした患者さんは、幸せになりたいと願えばなれる、そうしたおとぎの中の話ではないことを知っています。これは幸運ですから、成し遂げることで得られるワケでもありません。どんなタイプの治療でも、根元に「不幸中の幸い」をあげています。生きているだけでも幸せだという、目の前に見えている小さな感情を改めて意識させる治療を行ってくれます。

正直な話、幸せだと思える度合いは人それぞれで異なります。家族であっても、気持ちを変えることは大変難しいことになります。幸せか、不幸か、そのモノサシでしか測ることができないのなら、医療機関では「本当に必要なもの」にスポットを当てた治療を施してくれます。幸せを感じない病気では、感情が治療の妨げになったり、改善に繋がったりするので、マインドコントロールがポイントになるようです。幸せというものは、周りの常識で測れるものでもなく、自分の中での定義です。シンプルな仕組みで、不幸という悪い習慣を、幸せといういい習慣に変えるだけです。幸せを感じない病気があるとして、治したいと思う理由(目的)をヒアリングするといいます。周りを気にしたところで、不幸を背負いこんではくれない話も医師がしています。不幸だから必要なものが得られないのなら、そこにスポットを当てます。そこで出てきた答え、そこを治療の最重要課題とします。例えば、恋人ができないのなら、恋活というサービスを提案します。感情論だけを述べて活動しない傾向にもあるため、まずは活動支援をしてくれます。

Copyright© 2020 幸せという感情が分からないならメンタル系の医療機関を訪れよう All Rights Reserved.