幸せという感情が分からないならメンタル系の医療機関を訪れよう

こんな症状が出たら要注意

医者

病気にかかった人をどのように支えるべきか

幸せを感じない病気を心療内科や精神科ではうつ状態にある、もしくはうつ病を発症している状態と考えます。幸せを感じない病気はふさぎこんでいる時間が多くなったり、あまり話をしなくなったというような変化が現れるのが特徴です。さらに進むと食欲がなくなって食べようとしなくなり、夜眠れなくなるといったことも珍しくありません。これまで好きだったことに一切興味を示さないようになるばかりか、急に泣き出したりするようなら幸せを感じない病気にかかっていることはほぼ間違いないでしょう。幸せを感じない病気の多くは心的ストレスが強く関係しており、心に大きな病を抱えていることが考えられます。初期のうちはできるだけ気分転換に努めることで改善するケースもありますが、そもそもの原因を取り除かない限り症状は悪化していくと考えるべきです。そばに家族や友人がいるなら、話をすることで心が軽くなったり自分の考えを整理することができます。また幸せを感じない病気にかかった人が身近にいる場合は、症状が悪化しないように慎重に見守ることが非常に重要です。

幸せを感じない病気にかかる人は責任感が強く、何事においても真面目である傾向が見られます。そのため幸せを感じない病気にかかってしまったこと自体に罪悪感を抱いていることもあり、自分の力不足や精神的な弱さを不甲斐ないと感じていることが少なくありません。また幸せを感じることを自分に禁じてしまうこともあるため、もっと気を楽にやればというようなアドバイスは逆にストレスを与える結果となります。励ますつもりでかけた頑張れという言葉も、幸せを感じない病気にかかった人にとっては自分の力量不足を責められているように感じてしまいます。人の笑い声や冗談に対して苦痛に感じることも多いため、できる限り静かな環境にしてあげることが大切です。ヒーリングミュージックをかけたり、リラックス効果のあるアロマやお香を焚くのも良いでしょう。また食欲が落ちている場合は、温かいスープや鍋物などの心と体が温まるもので栄養を取れるようにします。話をしてすぐに返事が返ってこなくても急かすことなく、いつでも力になる存在であることを言葉にして伝えると大きな安心感を与えることができます。

Copyright© 2020 幸せという感情が分からないならメンタル系の医療機関を訪れよう All Rights Reserved.